ソウルスターリング1強の風潮から一転して上位拮抗の混戦模様となった今年のオークスですが、やはり全ての馬にとって2400mの距離がポイントになりそうです。通常のレース以上に『血統面』が影響する可能性が高そうだけに、しっかりチェックしておきたいところですね
予想のポイント
①近年は『前走2000m組』が有利:かつては桜花賞組が圧倒的に強く固い決着が多いレースでしたが、近年は前走で2000mのフローラSや別路線組の好走が目立ちます。まだ幼い3歳牝馬だけに、距離延長の影響はかなり大きいと見ても良さそうです。
②桜花賞上位馬はマイル以上の実績が重要:桜花賞で3着以内に好走した馬は元々能力上位ではありますが、1600m以上で複数勝利がない馬に限ると人気でも凡走が目立ちます。桜花賞は勝ちましたが、それ以外の勝ち鞍が全て1200mのレーヌミノルにとっては嫌なデータと言えそうですね。
③ディープインパクト産駒の庭:元々東京2400mは大得意コースではありますが、過去5年で9頭が3着以内に好走しているように、その好走率は凄まじいものがあります。人気薄での好走も多いので、出走馬がいれば要注目ですね。
レース予想
最内枠を引いた上に前走フローラSを勝った①が全く人気してない感じなので、これを本命に単勝を1000円と桜花賞1~3着とフローラSの2、3着の計5頭相手に300円ずつ馬連で流してみたいと思います。ダービー絵の軍資金を確保しておきたいですね(笑)。